Instagram

活動ニュース

全37件中

19件から24件を表示

2023/03/01

第4回 “異次元”の子育て政策勉強会 : 「妊娠からの伴走型支援と伴走型相談支援」

当プロジェクト共同代表で、全国妊娠SOSネットワーク代表理事の佐藤拓代さんが2月21日夜、医師として、母子保健の現場に詳しい立場から、精神的にも身体的にも激動期である妊娠期から、妊娠・出産・新生児の知識がある専門職の伴走型支援が必要であると訴えました。

#勉強会#イベント報告

2023/02/17

第3回 “異次元”の子育て政策勉強会 :「こども子育てまんなか政策」の効果と意味

2030年から人口が急減、短期策を打つのは2025年がラストチャンス。第3回の勉強会は2月14日昼、京都大学の柴田悠准教授が、国内外のエビデンスをもとに、どのような施策にいくらかかるか、話されました。希望出生率1.8の実現には8兆円、伴走型支援などに1.7兆円必要と説いています。

#勉強会#イベント報告

2023/02/09

第2回 “異次元”の子育て政策勉強会 :「出産育児一時金の引き上げと“出産無償化”への課題」

「お財布のいらないお産を」「費用の見える化を」――2月6日夜、自民党「出産費用の軽減推進議連」事務局の国光あやの衆議院議員がオンラインで「出産育児一時金の引き上げと“出産無償化”への課題」のテーマで話されました。出産育児一時金の引き上げはどのようにして実現したのか、今後の方向性についても触れています。

#勉強会#イベント報告

2023/02/03

第1回”異次元”の子育て政策勉強会 :「子育て応援トータルプラン」と「6兆円予算」の考えを聞く

公明党の中野洋昌衆議院議員(公明党の「子育て応援トータルプラン推進委員会」事務局長)を講師にお迎えし、同党が推進する「子育て応援トータルプラン」と「6兆円予算」の考えについてお聞きしました。約90名が参加して「児童手当の拡充と所得制限撤廃」など、注目の政策の動向について質疑しました。

#勉強会#イベント報告

2023/01/13

小倉・少子化担当大臣に面会しました

12月21日、小倉・少子化担当大臣に面会し、子育て政策の大幅拡充と財源確保を求める緊急要請を行いました。  面会は、公益財団法人あすのば、みらい子育て全国ネットワーク、にっぽん子ども・子育て応援団の3団体の皆さんと一緒で、生後8か月のナナちゃんも要請行動に加わってくれました!

#政策提言

2022/12/09

私たちが求めてきた出産費用の問題で大きく前進!

2022年12月10日に記者会見した岸田首相は、現在42万円の出産育児一時金を50万円に増額すると明言し、政府の方針として発表しました。

#時事ニュース

© 2024 子どもと家族のための緊急提言プロジェクト. All rights reserved

お問い合わせ先: familiypolicy5s@gmail.com

TwitterYouTubeInstagram